ノア動物病院は、獣医師、獣医、動物看護士、トリマーなどのスタッフを積極的に求人募集しています。

新卒獣医師年間教育プログラム
スタッフの声
応募する

新卒獣医師年間教育プログラム

新卒獣医師のあなたへ

私は獣医師免許を持って仕事をする、お金を稼ぐ人間はプロだと思っています。プロとはプロフェッショナルの略で、ウィキペディアによると専門家のこととなっています。ある分野について、専門的知識・技術を有しているひと。そのことに対して厳しい姿勢で臨み、かつ第三者がそれを認める行為を実行している人です。だから、大学を卒業した最初の1年間は特に大変です。なぜって、アマチュアからプロにならないといけないのですから。

そして、この試練を乗り越えない者は、残念ながら動物医療の壁を乗り越えられない、つまり真の“動物のお医者さん”にはなれない、と私は思っています。ぜひとも当院の新卒獣医師教育プログラムに食らいついてきてください。参考までに当院の新卒獣医師が1年目に学習する教育プログラムを掲げておきます。

このプログラムの最初の3ヶ月は特に大切で、それこそ寝る間を惜しんで勉強しなければなりません。そして、これをクリアできるかどうかは今後臨床に身を投じる意気込みと能力によりますので、人によってはすべてをクリアできないかもしれません。でも、安心してください。それは想定の範囲ですので。

最初の3か月は院長についた診察研修が主体です。
その後は先輩獣医師のOJTによる診察研修を行い、症例を通して知識や経験を積んでもらいます。
今から10年ほど前は勤務して4〜5年で開業する人が多かったのですが、最近は勉強しなければならないことも増え、開業するまで7〜8年要しているようです。

また、当院では、一生勤務できる環境と結婚出産しても産休後に勤務できる環境を整えています。将来に不安を感じることなく働ける環境はまさにここにあります。

ノア動物病院 院長 林文明

新卒獣医師 年間教育プログラム内容

このサイトを正常に閲覧頂くには、Adobe Flash Playerが必要になります。
こちら
より最新のプレーヤーをインストールしてください。