ノア動物病院は、獣医師、獣医、動物看護士、トリマーなどのスタッフを積極的に求人募集しています。

新人動物看護士年間教育プログラム
スタッフの声
応募する

新人動物看護士 年間教育プログラム

新人動物看護士のあなたへ

動物看護士の業務にはふたつ大切な役割があります。
ひとつ目は、飼主さんの目線に立ち「飼主さんの気持ちに寄り添う事」ことです。
診察の時に獣医師に言えなかったこと、小さな疑問や相談したいことなどの飼主さんのいだく「不安に思う気持ち」にちゃんと気付くことができるか。
飼主さんの目線に立ち、その不安をできるだけ取り除くためのお手伝いが出来ることだと思います。
「喜び」だけでなく「悲しみ」もともに共感し、寄り添う気持ちが大切です。

ふたつ目は、「獣医療の補助」です。
動物看護士の業務は、診察の補助や入院管理、手術も外回り、消耗品等の在庫管理など多岐にわたります。
中でも直接飼主さんと動物たちに関わる「獣医療の補助」は、ある程度の知識があれば獣医師の指示通りに行動することで可能だと思います。しかし、当院での「獣医療の補助」は、自分で考え判断し行動に移すことができる。獣医師と協力し合い、よりよい動物医療が提供できるようになる事だと思っています
その為には、勉強と経験が不可欠です。
さまざまな勉強会や専門の講師を招いての講習会、専門書などから正しい知識、新しい知識を身につけます。
さらに、診察では採血や留置、検査全般、レントゲン撮影などもする事ができ早い時期からたくさん経験できます。

この病院ではCT操作・撮影や手術の助手などなかなか経験することのできない事にもチャレンジする事が出来る環境があります。
初めは「動物が好きだから」という気持ちで良いと思います。その気持ちを大切に動物看護士という仕事を通してたくさんの事を学んでもらいたいと思っています。
動物看護士として自分が出来ること。人と動物との関わり合いの中で自分の目標を見つけ出し、その目標に向かって頑張ってほしいです。そして、先輩としてチームとしてしっかりとサポートしていきます。

動物看護士 サブリーダー 相馬裕朗

新人動物看護士 年間教育プログラム内容

このサイトを正常に閲覧頂くには、Adobe Flash Playerが必要になります。
こちら
より最新のプレーヤーをインストールしてください。