ノア動物病院は、獣医師、獣医、動物看護士、トリマーなどのスタッフを積極的に求人募集しています。

獣医師というシゴト
スタッフの声
応募する
ノアの見学に応募する
新人獣医師 祐子の1日
夜間獣医師 敦子の1日
八王子トリマー 大木の1日

獣医師について

小動物臨床をやりたい!犬や猫などの小動物を救いたい!

現在、当院の1日の症例は外来約100件、入院約20件です。
あわせて1日120件の症例を獣医師4-5人で診るのです。
つまり単純計算でも一人あたり1日25件の症例に出会うことが出来ます。
ただしこの中にはワクチンやフィラリア予防も含まれるので病気は正味1日10件です。

これは何を意味すると思いますか?1日10件の症例を診て1ヶ月で約200件。当院において1年で2000件以上の症例に出会うことになります。

私は臨床獣医師の力量を決定する要因の主なものは症例数だと思っています。
だからこそ、代診時代から症例がたくさん診れる病院を渡り歩きました。
そして現在に至るのです。
たくさんの症例を診る=経験を積むことです。
そして経験を積むことで”勘”がやしなわれます。
臨床の場ではいかにその症例を経験しているかが重要なのです。
机上の空論は必要ありません。

猫の血液検査の例

猫の血液検査をしたとき、血糖値が250

だったとします。
経験のない新人獣医師(年寄りもいるかも?)は”高血糖だから糖尿病です”って即、
診断してしまうかも知れません。(猫の血糖値の正常値は100くらいだから2.5倍高いのではありますが…)
でもほとんどの場合、興奮による高血糖なのです。
実際に糖尿病じゃないのにインスリンを毎日打っている(打たれている)動物が、
具合が悪くなって来院したこともあります。

教科書には猫は興奮で血糖値が上がるって書いてあっても、
どれくらい上がるとかの基準はありませんし、
病院に来た猫のほとんどが興奮状態にあることは経験者でなければわかりません。

アジソン病の例

アジソン病で血清カリウムの値が6.0mEq/lもある。

こんな高値では死んでしまう、即入院です!
点滴して電解質を補正しましょう!なんて言う獣医師がいます。
でもアジソン病では電解質補正をしても、なかなかカリウムの値は下がらないし、これくらいの高値が普通だったりします。
だから、通院で内服の治療で充分なのです。

開院以来、アジソン病なんて見たことがない病院ではこのような経験は出来ません。
でも教科書には必ず載っている病気です。
アジソン病は決してポピュラーな病気ではないことも知らない獣医師が大勢います。
これだけ多くの症例が来る当院でも年間に1例あるかないかの症例です。

猫の診察の例

猫は小さな犬ではない!

これは、私たち臨床獣医師が、猫を診察するときに肝に命じなければならない格言です。つまり、犬と猫は全く違う生き物で、犬を診るのと同じように猫を診てはいけないのです。
だからこそ、猫が大好きで猫しか診たくないと獣医師もまずは犬の事を学び、次に猫を学ぶという順番で、臨床獣医師として成長すべきであると思っていました。

しかし、私は間違っていました!昔と違って今はたくさんの知見がなければならず、犬を診るにも猫を診るにも膨大な知識と時間が必要です。
これでは、大好きな猫を診察するまでにかなりの時間を要してしまいます。
そこで“ノア動物病院”ならもっと早く猫の診察ができる方法がある事を思い出したのです。

徹底したマンツーマン教育で猫の専門家に短時間でなれるメソッドが“ノア動物病院”にはあるのです。大学新卒で猫なんて診察できることができないと思っているあなた、それは間違っています!

猫の診察が短期間で可能になるメソッドはこちら↓

・Cat Friendly な診察の極意
・他の病院では暴れて何もできないネコの診察
・太っている猫もやせた子猫もどんな猫でも可能な採血
・最新の猫医学アップデート
・猫の問題行動についての解決法
・検査結果に頼らないで診断法
・手取り足取りの手術

などなどここには書ききれないノウハウがあります。
約2年で猫のスペシャリストが誕生可能なのが“ノア動物病院 Hakobuneco”です。

これらのことは、経験以外の何者でもありません。
経験しなければわかないことです。
成書にはあまり書かれていませんから。

いかに経験することが大切かは賢明なあなたならおわかりでしょう。

ノア動物病院では、以上ことがきちんと理解できたあなたの力を借りたいと思っています。

ぜひとも一緒に、これからのノア動物病院を作りませんか?


このサイトを正常に閲覧頂くには、Adobe Flash Playerが必要になります。
こちら
より最新のプレーヤーをインストールしてください。